HOME > サン・ファン館のブログ ブログトップ

中瀬


2011年4月5日 石巻市中瀬

日和山から見た中瀬地区(2011.4.5撮影)
b0221130_13103481.jpg

旧北上川の中洲が、石ノ森萬画館や旧石巻ハリストス正教会教会堂のある中瀬地区です。
かつては造船所があり、復元船サン・ファン・バウティスタの船体も、この中瀬で作られました。


旧北上川にかかる内海橋は通行できるようになっていました。(2011.4.5撮影)
b0221130_11404338.jpg


左が石ノ森萬画館、右が旧石巻ハリストス正教会教会堂(2011.4.5撮影)
b0221130_11412385.jpg


旧石巻ハリストス正教会教会堂(聖使徒イオアン会堂)は、現存する木造教会堂建築では日本最古級のもので、石巻市の指定文化財となっています。
明治13年(1880年)、石巻市千石町に建設されました。昭和53年の宮城県沖地震でも被災し、取り壊しも検討されましたが、現在地に移築・復元されました。(2011.4.5撮影)
b0221130_1348527.jpg

b0221130_11411120.jpg



石ノ森萬画館
館内では、職員の方などによる瓦礫や泥の撤去作業が行われていました。(2011.4.5撮影)
b0221130_11405955.jpg




[PR]
by santjuan | 2011-06-02 17:16 | 石巻市内
<< 万石橋~渡波祝田地区   復元船・館内の状況について① >>