S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



HOME > サン・ファン館のブログ ブログトップ

「千年メダル」ならぬ「400年メダル」?


皆さん、メダルとコインの違いは何か知っていますか?
私は、コインはかじらないけどメダルはかじるものという変な覚え方をしていました…。

さて、今年は慶長遣欧使節派遣から400年の記念の年、というのは何度かお伝えしていますが、
それを受けて日本・スペイン両国では「日本スペイン交流400周年事業」が開催され、
2013年6月から2014年7月にかけてさまざまな交流事業が行われる予定です。
皇太子さまがスペインを訪問されたというニュースは記憶に新しいですね。

そしてこのたび、事業の一環として、造幣局から記念のプルーフ貨幣セットが販売されます。

b0221130_17364656.jpgb0221130_1737939.jpg















スペイン王立造幣局が製造した、慶長遣欧使節訪西400周年10ユーロ記念銀貨幣 及び
平成25年銘の、500円から1円まで6種類の日本貨幣 
計7枚が特製ケースに収納されています。
箱の表面にはサン・ファン・バウティスタの写真が使用されています。
裏面のデザインも渋いです!


b0221130_16121140.jpg














記念銀貨幣の裏面には支倉常長の肖像とサン・ファン・バウティスタがデザインされております。
ケースの背景には、使節がスペインに到着した年(1614年)に作られた貨幣のほか、
スペインの国花であるカーネーションがあしらわれています。

写真にはありませんが、記念銀貨幣の表面にはスペイン国王フアン・カルロス1世の肖像が
デザインされており、またケースの背景には日本の国花である桜と大判が描かれています。

両国の文化をうまく取り入れた、まさに今回の事業を象徴するような素晴らしい仕上がりとなっています。



次に紹介するのはメダルです。

b0221130_16321658.jpg














日本の造幣局では、歴史上の著名人をメダルの題材に取り上げ、「肖像メダル」としてシリーズ化しています。
このたび、慶長遣欧使節派遣400周年を記念して、肖像メダル「伊達政宗」が製造されました。

b0221130_1851157.jpgb0221130_1852234.jpg











メダルの表面には青葉城の伊達政宗騎馬像と政宗花押が刻み込まれており、
裏面にはサン・ファン・バウティスタ号と支倉常長がカラー印刷で描かれています。

写真では伝わりにくいのですが、サン・ファン号が進む大海原が本物の海のようにきらきら光って見えます。
微細点加工という最新の技術が使われているのですね。




今回、製作に協力したということで、これらの貨幣・メダルは当館にも贈呈されました。
http://www.mint.go.jp/koushin/sale/zoutei_20130702.html


再開館時には館内での展示を予定しています。
ぜひ、当館に足を運んでみてくださいね。

また、これらの製品の販売については、造幣局が行っております。
お問い合わせは造幣局にお願いいたします。(下記にリンクがあります)

ちなみに、造幣局の方にメダルとコインの違いを聞いたところ、
コイン=貨幣です。
メダル=表彰や記念のために贈るもの。金属でできた工芸品で貨幣ではありません。
という違いがあるそうです。
なるほど~。


【製品お問い合わせ】

◎「日本スペイン交流400周年」2013プルーフ貨幣セットの詳細については、こちらをご覧ください。
http://www.mint.go.jp/buy/coinset-online/coinset-online-sale/hanbai_h25_supeinp.html

◎肖像メダル「伊達政宗」の詳細については、こちらをご覧ください。
http://www.mint.go.jp/koushin/sale/hanbai_h25_shozou-datemasamune_n.html
[PR]
by santjuan | 2013-07-16 14:26 | サン・ファン館
<< HAIKUでつながる地と血の縁   国の宝から、世界の遺産へ。 >>