「ほっ」と。キャンペーン
HOME > サン・ファン館のブログ ブログトップ

パネル展「希望の帆船とともに」開催について


3月に入り、ポカポカとしたあたたかい陽気を感じることが多くなってきました。
しかし、たまに吹く冷たい風には、まだ季節の変わり目であることを気づかされますね。
春へ向かうサン・ファン館よりお知らせです。

パネル展「希望の帆船とともに~震災から再開館までの人々とサン・ファン館のあゆみ~」

【日 時】  平成28年3月11日(金)~3月31日(木)
        9:30~16:30(開館時間に準じる)
【場 所】   宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)
        展望棟 サン・ファンギャラリー(無料スペース)
【実施内容】 
        H26年度企画展「海のまちと希望の帆船」内でご紹介した、
        震災から再開館までの人びととサン・ファン館のあゆみについて、
        震災5年のこの機に、多くの方に見ていただける無料ギャラリーにて
        再展示を行います。

パネル展では、震災を伝える資料も一緒に展示しています。展示はギャラリー(無料スペース)で
見られますが、館内サン・ファンシアターにて上映している映像「二つの大津波とサン・ファン・バウティスタ」
でも、震災被害と復興についてわかりやすく映像でご紹介しています。
こちらも合わせてご覧いただければ幸いです。

b0221130_16395413.jpg
[PR]
by santjuan | 2016-03-04 17:30 | 東日本大震災関連
<< 「海につどい船に学び、木の文...   サン・ファン・イルミネーション... >>