S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



HOME > サン・ファン館のブログ ブログトップ

<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


万石橋~渡波祝田地区


万石橋と祝田(H23.5.11撮影)
b0221130_11393037.jpg

万石橋は石巻市街と半島を隔てる万石浦の入江に掛かる橋です。
市街からサン・ファン館へのアクセスには欠かせない橋です。

震災直後は津波により打ち上げられた瓦礫や漁船により、職員や周辺地域の住民は数日間、街との連絡を一切遮断されてしまいました。

また、サン・ファン館方面へ橋を渡ると石巻市渡波祝田(わたのはいわいだ)地区があります。
大津波は、渡波港に設置された堤防をいとも簡単に乗り越え、この入江沿岸の祝田にも押し寄せました。
b0221130_113521100.jpg

岸には連なるように多くの住宅が建ち並んでいましたが、その形跡はほとんどありません。
b0221130_957031.jpg

瓦礫が散乱し、なぎ倒された電柱が横たわっています。
b0221130_11522439.jpg

b0221130_11522481.jpg



しかし、震災から2カ月経ったこの日は、新しい電柱が建てられていました。
b0221130_1004689.jpg





現在、この万石浦~渡波地区では大規模な地盤沈下により、広範囲に渡る冠水問題が大地震の爪跡として残っています。
今日も、地域に再び復興のあかりを灯すべく、復旧作業が続いています。
(H23.6.15/16撮影)
b0221130_1126367.jpg

b0221130_11331433.jpg

b0221130_11313346.jpg



[PR]
by santjuan | 2011-06-16 11:26 | 石巻市内

中瀬


2011年4月5日 石巻市中瀬

日和山から見た中瀬地区(2011.4.5撮影)
b0221130_13103481.jpg

旧北上川の中洲が、石ノ森萬画館や旧石巻ハリストス正教会教会堂のある中瀬地区です。
かつては造船所があり、復元船サン・ファン・バウティスタの船体も、この中瀬で作られました。


旧北上川にかかる内海橋は通行できるようになっていました。(2011.4.5撮影)
b0221130_11404338.jpg


左が石ノ森萬画館、右が旧石巻ハリストス正教会教会堂(2011.4.5撮影)
b0221130_11412385.jpg


旧石巻ハリストス正教会教会堂(聖使徒イオアン会堂)は、現存する木造教会堂建築では日本最古級のもので、石巻市の指定文化財となっています。
明治13年(1880年)、石巻市千石町に建設されました。昭和53年の宮城県沖地震でも被災し、取り壊しも検討されましたが、現在地に移築・復元されました。(2011.4.5撮影)
b0221130_1348527.jpg

b0221130_11411120.jpg



石ノ森萬画館
館内では、職員の方などによる瓦礫や泥の撤去作業が行われていました。(2011.4.5撮影)
b0221130_11405955.jpg




[PR]
by santjuan | 2011-06-02 17:16 | 石巻市内