S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



HOME > サン・ファン館のブログ ブログトップ

<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


送る春と迎える春


皆さんこんにちは。
春の訪れを感じる気温になってきた石巻です。
今日はNHK-BSの制作会社の方がTV撮影に来館されました。
(番組名「THEナンバー2 #57片倉小十郎編」)放映の際には是非ご覧ください。
b0221130_1816375.jpg

さて,今年度(平成23年度)が終わります。
当館では1名の異動,2名の退職者を送り出しました。
b0221130_18161699.jpg

当館の桜のつぼみも膨らんで参りました。
異動・退職される皆様。そしてブログ読者の皆様。
当館を離れても再オープンへの期待は膨らませたまま応援をしていてくださいね。

「行く春や鳥啼き魚の眼は泪」
必ずどこかで縁はつながっています。
また会える事を期待して♪
[PR]
by santjuan | 2012-03-30 18:27 | サン・ファン館

万石橋~渡波祝田地区(2012年3月)


サン・ファン館近隣の渡波祝田地区を撮影しました。
(撮影日2012年3月27日と28日)
b0221130_1635531.jpg

この地区を前回撮影したのは昨年5月11日。
現在は両岸に船舶の係留が増えてきており,復旧への明るい兆しが感じられます。
b0221130_1629650.jpg

10か月前は砂利道だった祝田の道路も舗装され,車の往来も多くなりました。
下の画像の道路の両側には家が立ち並んでいましたが,
現在は被災した住居などの解体撤去作業が行われて片付いた状態です。
b0221130_1642449.jpg

今後も画像を掲載して,復旧への歩みを記録し続けて参ります。

[PR]
by santjuan | 2012-03-28 17:49 | 石巻市内

ゆかりの地メキシコから


支倉常長ら慶長使節一行は,現石巻市月浦(つきのうら)を1613年10月28日に出帆。
約90日の航海の後,メキシコ(当時はヌエバ・エスパーニャ)のアカプルコに上陸。
陸路メキシコシティ,プエブラを経て大西洋を臨む街ヴェラクルスの港から
スペインの船に乗り換えて欧州に向けて旅立ったのです。

3月12日,在メキシコ大使館目賀田(めがた)駐メキシコ大使が当館を訪れました。
b0221130_1763230.jpg

一時帰国されていた大使は,メキシコを訪問した慶長使節団に関わる施設の1つである当館を訪問し,
来る2013年の,支倉常長・慶長遣欧使節団派遣400周年に合わせた
記念行事の開催の可能性等などを,館長濱田と意見交換されました。

意見交換後は,被災してもなおドックに浮かんでいる復元船の姿を見学され帰途につきました。
b0221130_17484350.jpg

遠い石巻の地までお越しいただきありがとうございました。
修繕された姿を再びご覧いただけるよう職員一同努力いたします。
[PR]
by santjuan | 2012-03-13 17:50 | サン・ファン館

帆船模型の世界


今回は木材を取材とした帆船模型の制作をしている「ザ・ロープ」の展示
第37回ザ・ロープ゚帆船模型展のお知らせです。
b0221130_1348549.jpg

西洋では18世紀後半まで,帆船建造の設計図代わりに精密な縮尺模型が作られていました。
縮尺模型は設計図としての役割を終えると,発注主の館に富と権威の象徴として飾られました。
これが今日の帆船模型作りの起源になったと言われています。

木船帆船模型同好会「ザ・ロープ」の創立は昭和50年(1975),
団体名は「帆船はロープが象徴的であることと、会員同士のきずなをロープに託す」
という意味で名付けられました。
当サン・ファン館では2003年,2007年,2008年にザ・ロープ制作の帆船模型展を開催しております。

会場に足を運ばれて,往時の木造帆船の優美な姿,
大海,そして波のかなたの世界に想いを馳せてみてはいかがでしょうか?

「第37回ザ・ロープ゚帆船模型展」
開催時期 2012年(平成24年)4月15日(日)~4月21日(土)の1週間
開催時間 10時~19時 (但し15日は12時~19時)
会  場  東京交通会館地下1階美術ギャラリー「ゴールド・サロン」
東京都千代田区有楽町2-10-1(JR有楽町駅前すぐ)

[PR]
by santjuan | 2012-03-12 15:54 | 館外のイベント情報

追悼の日


東日本大震災から1年を迎える3月11日に,
石巻広域圏で行われる追悼行事のお知らせです。

■石巻市
東日本大震災犠牲者石巻市追悼式
時間 14:30~15:30(開場は13:00時)
場所 河北総合センター(ビッグバン)を主会場に,本庁舎と総合支所計7か所
※式典会場(河北総合センター)まで無料送迎バスが運行されるそうです。
 詳しくは上記リンク先でお確かめください。

■女川町
東日本大震災一周忌追悼式
時間 14:00~
場所 女川町総合体育館 大体育室
※送迎バスについては上記リンク先をご覧ください。

■東松島市
平成24年東日本大震災東松島市慰霊祭
時間 14:45分~(進行の都合上、14:30分までご来場ください)
場所 航空自衛隊松島基地整備格納庫(住所:東松島市矢本字板取85)
※基地内駐車できないそうなので,上記リンク先でご確認ください。


■各団体が開催する追悼行事
「祈りの灯り 希望の灯り」
3月11日(日)15:00受付開始~19:00終了 18:00鳩型バルーン放鳥 ※荒天中止
◆場所
石ノ森萬画館バス駐車場(中央三丁目 石巻警察署中央交番横)
中瀬公園(一般の方の立入は出来ませんので地上絵は高台よりご覧頂きます)
◆内容
1)鳩型バルーン810羽にメッセージを託し空へ放つ
2)明日への希望を書いたメッセージボードの中心から、
 真っ直ぐ天(そら)へ届ける光の帯(ライトアップ) 
3)花びらとキャンドルで描く桜の地上絵 
4)メッセージ入りキャンドルによるライトアップと献灯中継
お問合せ:みんなの灯りをともす会(一般社団法人石巻災害復興支援協議会内)


↓2012年3月7日の南浜町。犠牲になられた皆様のご冥福をお祈りいたします。
b0221130_13495648.jpg
[PR]
by santjuan | 2012-03-09 13:59 | 東日本大震災関連

3.11からの出発


3月11日が近くになるにつれ,
東日本大震災関連の特番放送が多くなって参りました。
我々職員も自ら体験したこととはいえ,地域によって体験談は様々です。

今回は「ディスカバリーチャンネル」で放送中の
「Rebuilding Japan(リビルディング ジャパン)」
と東日本大震災関連番組を紹介いたします。
b0221130_158457.jpg

リビルディング ジャパンは東日本大震災復興支援プロジェクトとして,
ディスカバリー・ジャパンおよびディスカバリー・ネットワークス・
インターナショナルが展開する番組制作プロジェクトです。

昨年4月26日より日本の番組制作会社・映像製作者を対象にオリジナルの番組企画を募り,
最終的に6作品が選ばれ,今年3月からの世界初放送に向けてこの度制作がスタートしたそうです。
地上デジタル放送の番組とは別の角度からの捉え方で番組製作がなされています。

この企画と連動して「世界から見た東日本大震災」3/9(金)も放映されます(20:00~初回放送)。
このチャンネルが見られる環境にいらっしゃる方は是非ご覧ください。

放映時間
3/5(月)~3/9(金)20:00~,23:00
3/11(日)12:55~
[PR]
by santjuan | 2012-03-08 15:34 | 東日本大震災関連

ジャパンデーfrom英国


本日はイギリスケンブリッジの「嘉悦ケンブリッジ教育文化センター」で開催される
Japan Day 2012希望 - Remembering Tohoku with HOPE」のご紹介です。
http://www.kaetsu.co.uk/jspeeve.htm
b0221130_11344246.jpg

このセンターは,日本の嘉悦学園がイギリスと日本の文化交流を目的に
ケンブリッジに建てた施設で,現在は多目的に使われおり,
今月3月10日(土)には日本文化を紹介するイベントが開催されます。
そのイベントの一環で,今回は募金活動も行われることになりました。

文化交流を目的として建てられた施設内での募金活動では,
特に文化的な施設への援助をしたいという意向をもっていらっしゃるということで,
今後長期間にわたり被災した地域の中でも,特定した施設,
特に文化的に重要であると思われる博物館などに,
募金活動で得た収益を直接寄付したいという申し出が当館にあり,
3月10日(土)にセンター内でおこなわれるジャパンデーというイベントで,
当館のための募金活動をおこないたいとの連絡がありました。

この活動は,「嘉悦ケンブリッジ教育文化センター」を管理していらっしゃる,
ロバーツ·平·浩子様と,石巻市渡波出身で現在はケンブリッジ在住の
ゴードン恵美様に多大なご協力をいただいております。

日本から遠く離れたイギリスでの支援の輪に感謝するとともに,
イベントの盛況をお祈りいたします。
[PR]
by santjuan | 2012-03-08 14:46 | 支援

三陸の漁師さんを直接支援しませんか


本日ご紹介するのは,オンラインショップ
「三陸工房(さんりくこうぼう)」です。
http://sanriku-kobou.com/index.html
b0221130_15313079.gif

こちらのサイトは東日本大震災で被災された,浜に従事している漁師さん達の直接収入になるべく,
漁師さん達が浜で採ったものを三陸工房オンラインで直売し,
漁師さん達の復興資金及び生活資金になって頂くための直接支援サイトです。
インターネットが取り持つ縁で今回ご紹介いたします。

商品の内容は,
「三陸旬の魚介詰め合わせ(年2回発送)」や(商品参考画像↓iPhoneは含まれませんよ)
b0221130_162194.jpg

今すぐ発送できる漁師直送商品や,
旬に発送する要予約商品などのラインナップ(商品参考画像↓)。
b0221130_1644248.jpg
b0221130_1645766.jpg


そして宮城県石巻市給分浜の漁師安藤さんが獲った三陸石巻旬の魚詰め合わせも大人気とのこと
(↓日によって魚種は変わるそうです)。
b0221130_16132159.jpg

会社や工場が被災し,再開できずにいる水産業の方々がいる中,
このような形で事業を再開させている方々,そして漁師さんを応援してみませんか。

有限会社三陸工房
会社所在地: 宮城県石巻市渡波字栄田121-4
電話番号  :0225-25-4307(日曜・祝日休み)
URL http://sanriku-kobou.com/index.html
下の地図は安藤さんが漁を行っている石巻牡鹿半島給分浜の地図です。

[PR]
by santjuan | 2012-03-07 16:48 | 地域情報

コメントをありがとうございました


b0221130_14564994.jpg

当ブログへのコメントをくださった皆様。
心のこもったお気遣いのメッセージをありがとうございました。
現在も再開の見通しが立っていない状況ではございますが,
館の再開に向けた最新情報はブログなどでお知らせいたしますので,
今後もよろしくお願いいたします。
[PR]
by santjuan | 2012-03-07 15:16 | サン・ファン館

間もなく1年


3月に入ると同時に春を感じさせる気候になったかと思いきや,
一転して冬景色の石巻です。
b0221130_1725156.jpg


さて,2011年3月11日に発生した「東日本大震災」から間もなく1年。
あの日も今日のように夕刻近くから雪が舞い始め,
寒さと闘いながら耐え忍んだ事を思い出します。

東日本大震災の死者,行方不明者は19,130人に達し,
石巻市で亡くなった方は3,182人,不明の方は557人となっています
(警察庁2月29日現在のまとめ参考)。

昨日放映されたNHK「クローズアップ現代-震災データマップ 記録が語る新事実-」の中で,
住民の約15%が犠牲となった,渡波地区松原町の事例が取り上げられていました。
震災当時我々職員は,当館裏手にある寺院「同源院」に避難し,
渡波の松原町と長浜町が被災していく様を目の当たりにしました。

↓2011年3月11日同源院から撮影した17:31の渡波町の様子。
b0221130_1862291.jpg

放映された内容で明らかになった事実や,我々が体験した事は,
後世まで記録に残したり語り継ぐ事が,今を生きている我々の責務なのかもしれません。

NHKのオフィシャルサイトを調べたところ,再放送予定は下記の日時となっております。
多くの方々の冥福をお祈りするとともに,震災被害を後世に伝えることの大切さも感じた番組内容でした。
総合テレビ:3月6日(火)午前1:05~2:18【3月5日(月)の深夜の放送となります。】

[PR]
by santjuan | 2012-03-02 18:31 | 東日本大震災関連