S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



HOME > サン・ファン館のブログ ブログトップ

<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


まんかい!


昨日まで所々つぼみだった桜が、本日満開となりました!

b0221130_11355272.jpg

b0221130_11354292.jpg

b0221130_11334620.jpg

b0221130_11354884.jpg

1613年、牡鹿半島月浦を出帆した「サン・ファン・バウティスタ」の建造の際も、
この様な美しい景色が見られたのでしょうか。
[PR]
by santjuan | 2012-04-25 12:02 | サン・ファン館

開花!


サン・ファン館の桜が開花しました。
b0221130_18273721.jpg

当館の展望棟(展示室がある階層)の斜面の桜はほぼ満開。
今日は暖かい天候に誘われて,沿道に桜見物のお客様が多く見られました。
b0221130_18304291.jpg

復元船脇の桜はこれから見ごろを迎えます。
b0221130_18311568.jpg

[PR]
by santjuan | 2012-04-24 18:52 | サン・ファン館

第37回ザ・ロープ帆船模型展におじゃましました


桜の開花日を過ぎても未だに蕾のままのサン・ファン館です。
さて今回の情報は,先月開催告知した
「第37回ザ・ロープ帆船模型展」の報告です。
↓会場入り口の様子。白を基調とした会場内は天井が高く奥行きのある空間です。
b0221130_1838144.jpg

会員の皆さんの力作が所狭しと陳列されています。
b0221130_185138100.jpg

細部にこだわりぬいた作品の一つ一つに,製作者の想いが感じられます。
b0221130_18441728.jpg

会場にはザ・ロープ会員の方が常駐しており,模型の説明を熱心にされていました。
b0221130_18443226.jpg

過去サン・ファン館の展示に出品された方々のお名前をキャプションで拝見し,
懐かしく思うと共に帆船模型への情熱を強く感じました。
b0221130_18435427.jpg

来場当日は会長の田中様,副会長の安藤様がお出迎えくださって,
震災以降の労を労い,作品のご案内等をしてくださいました。
ザ・ロープの皆様には昨年の被災以降,大変ご心配をおかけしました。
再オープンできるよう職員一同努力して参ります。

「第37回ザ・ロープ帆船模型展」展示会場の東京交通会館地下1階美術ギャラリー「ゴールド・サロン」は,
JR有楽町の駅を出てすぐの好立地。
4/21(土)まで開催しておりますので,興味のある方はぜひ会場にお運びください。

[PR]
by santjuan | 2012-04-20 19:12 | 館外のイベント情報

春の予感?


昨日は春の陽気が全国を覆い,春寒が続いた石巻でも日中の気温が二桁を記録。
表に出て青空に映える復元船の様子を撮影しました。
きれいに写っていますが修繕工事は未着手なので,建物内と復元船内には入る事ができません。
b0221130_1245425.jpg

東北まで北上中の桜前線。
涼しい海風を受ける当館の桜のつぼみは堅いままなので,
開花までにはもう少し時間がかかりそうです。
b0221130_11382494.jpg

ドック棟近くの浜では海藻を獲る人の姿が・・・
b0221130_11385665.jpg

春の陽気に誘われて,キジも当館の敷地内を駆け巡っていました。
鳥にとっては春は恋の予感?
b0221130_11391933.jpg

天気予報を見ると,今日から全国的に天候が崩れそう。
春の予感ならぬ「余寒」になりそうです。
[PR]
by santjuan | 2012-04-11 14:07 | サン・ファン館

牡鹿半島でほっと一息


今回ご紹介するのは
日本料理「瑞幸」さんです。
b0221130_1535049.jpg

店舗は牡鹿半島桃浦(もものうら)の太平洋が一望できる高台に建てられており,
山と海の自然を感じながらのんびりとお食事ができます。
b0221130_1645340.jpg

瑞幸さんは新鮮な海の幸の定食や丼ものなど各種メニューをそろえていますが,
日本独自の食文化である"くじら"の食文化を守るため「くじら料理を伝える会」に所属し、
この伝統ある食文化を守り提供しています。
↓店内のようす
b0221130_1674633.jpg

↓生エビ丼(2012年5月のメニュー)
b0221130_1605883.jpg

↓刺身定食(2012年5月)
b0221130_1614963.jpg

渡波地区の万石橋を渡ると極端に飲食店が少なくなります。
まずは自然に囲まれた瑞幸さんで一休みしませんか?
b0221130_1628370.jpg

くじら料理の民宿・飲食店「瑞幸」
営業時間 11時~16時(食堂)
定休日 水曜日
住所 宮城県石巻市大字桃浦字稗沢70番地の1
電話 0225-90-2341

[PR]
by santjuan | 2012-04-10 16:43 | 地域情報

新年度にあたってのご挨拶



 東日本大震災から1年が過ぎて、平成24年度という新しい活動の時期が始まりました。

 震災により、沿岸部にあった展示棟と復元船サン・ファン・バウティスタ号が大きなダメージを受けたため、
その復旧・復興を目指す取り組みをこれまで行ってきたところですが、設置者である宮城県の尽力の結果、
国の補助金支援も具体化して、本年度から両方の再建と修復の工事に入ることが決まりました。

 皆様方には当館の今後の動向について、大変なご心配をおかけし、
熱心なご声援を頂戴いたしておりましたところを、再生へ向かう運びとなりました。

深く感謝申し上げます。

 来年10月28日は、慶長使節船サン・ファン・バウティスタ号が石巻月浦を出帆して
400年目にあたりますので、この日に合せて復旧した館と船をお披露目できるように、
関係者ともども尽力する覚悟であります。

 つきましては、上の工事に全力を傾注しますために、当初目的としておりました早期開館は、
当分の間、見送ることにいたしました。
 皆様方にはご不便をおかけいたしますが、なにとぞこの点をご理解いただきたくここにお願い申し上げる次第です。

 なお、開館は見送りますが、広報普及の事業や短期的な展示活動、恒例の各種イベントは、
時期を特定して実施する予定にしております。
 これらは決定次第お知らせしますので、その節には是非ご活用ください。

 また、これまで皆様からお問い合わせやお申し出をいただいておりました、ご支援のための募金活動を、
“東日本大震災に資する「慶長400年事業募金」”と名付けて、別ページのように実施する運びになりました。
 私たちが世界に誇る慶長使節という歴史遺産の活用を通じての、大震災を克服する事業と位置付け、
お寄せいただいたご厚志は関係史跡と施設の復興、記念行事や国際交流の推進等に活用させていただきます。

 以上、お知らせかたがた、募金による支援のご依頼を申し述べました。
 本年度も、何卒よろしくご高配のほどをお願い申し上げます。

平成24年(2012年)4月2日             
宮城県慶長使節船ミュージアム 館長    
慶長遣欧使節船協会 専務理事 濱田 直嗣

b0221130_18145721.jpg

[PR]
by santjuan | 2012-04-04 18:19 | サン・ファン館